1. HOME
  2. 最新情報
  3. 中部経済新聞に掲載「名駅に歩行者天国構想」~専門家会議の報告~

最新情報

LATEST NEWS

メデイア掲載

中部経済新聞に掲載「名駅に歩行者天国構想」~専門家会議の報告~

中部経済新聞「名駅ウォーカブル推進委委員会発足」

利用しやすく「歩ける街」へ

名駅に歩行者天国構想

推進委員会発足

名古屋駅周辺を「歩ける街」にしようと、民間企業などで構成する組織が立ち上がった。リニア中央新幹線の開通で増加するとみられる往来に備え、誰もが利用しやすい名駅を整備していく狙い。今後は、公道を利用した歩行者天国の実証実験を行う見通しだ。

名駅ウォーカブル推進委員会 委員長 横山篤司

組織名は「名駅ウォーカブル推進委員会」。名古屋を世界水準都市にするため、産学官連携で街づくりを進める団体「名古屋再開発推進フォーラム」の中に設立された。

2027年にリニア開通を控え、さらなる往来の増加が見込まれる名駅周辺の利便性向上が狙い。ベビーカーを引いた子ども連れや障がい者ら、少数者も利用しやすいウォーカブルな街を推進する。

同組織はAGREEBIT(アグリビット、本社名古屋市西区)が提供するオンライン掲示板「D-agree(ディーアグリー)」を活用し、会員間の意見交換に注力。名駅周辺地域のビジョンを掲げ、意見を収集し、課題を明らかにしていく。

このほど開催された「名駅ウォーカブル推進委員会発足記念会」では、27年に実現してほしい名駅の姿について、会員からの意見を発表。名駅に来たと感じる玄関口や、ベビーカーで移動できるようになってほしいとの声が多く上がった。同委員会の横山篤司委員長は「ビジョン達成には、駅前の再整備が重要だ」と力を込める。

再整備の一環として、歩行者天国を作る構想を発表。名鉄百貨店のシンボル「ナナちゃん人形」からジェイアール名古屋タカシマヤ付近まで、一部公共交通機関を共存させつつ歩行者が自由に歩ける道の整備をしていく未来の構想を述べた。

2月からは交通面、環境面など、テーマごとに有識者会議を実施する見通し。横山委員長は「名古屋駅は地上・地下・空中を統合的に改革していかねばならない。まずは、有識者会議にて知識を深めていきたい」と意気込んだ。

<過去研究会の様子>

第1回:1月25日(金) 16:00~18:00
主催:名古屋再開発推進フォーラム
テーマ:名駅ウォーカブル推進サロンオープニング

第2回:2月17日(金) 18:00~20:00
講師:名古屋工業大学 伊藤孝紀准教授
テーマ:名古屋圏にみるエリアマネジメントの実践と未来

第3回:3月17日(金) 18:00~20:00
講師:東京大学大学院都市工学専攻 村山顕人准教授
テーマ:道路から広場へ、そのプロセスとデザイン

第4回:4月21日(金) 18:00~20:00
講師:岐阜県立国際園芸アカデミー 今西良共学長
テーマ:快適な道路空間〜道路空間における花と緑はいかにあるべきか⁈〜

第5回:5月19日(火) 18:00~20:00
実行委員会による実施会議
テーマ:名駅4丁目の公共空間活用について

5回の専門家会議を通し、その後は地域交流会を通じて、町内会、学区連絡協議会、区政委員長、消防団とのつながりを深め、他地域との連携を行い、名駅四丁目まちづくり協議会の発足(2023年9月26日)へと引き継がれました。

むさしコーポレーショングループではSDGs11番の「住み続けられるまちづくりを」の達成のために活動を行っています。今後も地域とつながり、次世代の取り組みを応援していきます。

< こちらの記事に関する問い合わせ >

名古屋再開発推進フォーラム 

事務局 稲垣/原

E-mail:office@nssf.jp

Tel:052-262-2727 

最新記事